A Bridge over My Troubled Teeth

外れ掛けたブリッジへの治療が一昨日から始まった。
それが駄目なら、いよいよ部分入れ歯ですって。
できればそれは避けたい。
処置歯はあるものの、まだ全部自分の歯だもん。

今、上顎にはぽっかり大きな穴ぼこ。
今競馬したら?
いや、仕事に大穴?
このまま一月は放置ですって。
今日は25日の為の練習なのに。
25日だって、この大穴、大口開けて歌うのね。

それにしてもすごいね。
大阪時代にブリッジにしてから、25年は経ってるよ。
何にも問題は起きなかった。
鈴蘭先生の腕も素晴らしい!
全然痛くないし、手際も良い。
入れ歯はきっと避けられるでしょう。
スポンサーサイト

お年バレバレ

流石のマギーも昨日の猛暑は辛くて、仕事の最後に蓬と檜をお茶に誘った。
誰もが知ってる事だけど、コンクリートとアスファルトじゃ地球が息ができないんだよね。
マギーが子供の頃は、路地は泥団子が作れる水溜まりばかり。
鍵も掛けない玄関に簾が揺れて、風鈴が呟いていましたね。
日盛りには盥で行水、夕涼みは床机で冷えた麦茶。
大人も子供も裸同然で町内をうろついていましたね。
ああ、ノスタルジーだねー(o^_^o)

照れ屋の魔法使いさんへ

本当はかなり深く沈んでいるの。
楽しみにしてた計画が流れたり、薬が増えたり。
もっと笑い合ったり話ししたいあなたとも今は連絡着け難いし。
マギーに言わせれば、あなたが彼女達の間で上手く立ち回れないだけ。
そう言う所があなたの長所でもあるんだけどね。
そのとばっちりを偶々マギーが被っちゃっただけ。
明日はマギーに時間くれるって約束してくれたから、それでいいよ。
何より、あなたはマギーに幸せの魔法を掛けた。
自分でも照れ臭かったんでしょ?
マギーを励ました後に食べ物の話に切り替えたのね。
あなたは素直になれない悲しい大人。
そしてマギーには素敵な照れ屋の魔法使いよ。
これからもずっとそのままで、
マギーだけの幸せの魔法使いでいてね。

朝からボヤッキー

パソコン苦手のマギー。
意を決して檜の音声スマホを借りた。
ガラケーより使い辛い事この上ない。
おまけに、「私はロボットじゃありません」てのにチェック点けろとな?
オンボタンがないぞ。
どうやってチェック点けろっての?
そのサイトにログインした事ないから、檜も初めてこれに気付いた。
仕方ない、見える人に遠隔で目借りるか。
早朝からボヤッキーです。

信じられない話

もうおやつと言って良いほど遅い昼食。
あ、冷麺にお箸を伸ばす前に薬だった。
前回の診察で増えた食前のこの薬、
飲み忘れる事多いのよね。

と、ここまではほぼ一時間半前に。
汗だくだったから、何とか食べ終わった直ぐ後にとりあえず行水。
この言葉懐かしいでしょ?

あれはいつ頃だったっけ?
思春期を迎えた頃だったかも。
何をするにも体が重く面倒で、
三度の食事さえ、親に追い立てられてしてた。
一日三度錠剤一粒ずつで栄養が足りたら良いのに。
本気でそう願っていたわ。
今のマギーからは信じられない話でしょ?
そして薬が生きて行くのに必須なあなた、ごめんなさい。

雲上人

マギーが中二で神戸から大阪に転校した時、
藤はまだ小四の少年でした。
寄宿舎生活していたからこそ、多少の接触があったけど、
もしどちらかが通学だったら、お互い名前さえ知らなかったかも。

MLで偶然再会して、初めてのオフ会で、
「マギーさんがこんなに面白い人だと想いませんでした」
と藤は何度も言いました。
彼にとってマギーは雲の上の人だったそうです。
「雲の上の人って、天国に行っちゃってると想っていたの?」
マギーは混ぜ返しましたね。

卒業後にマギーが選んだ路が、当時の視覚障害者には珍しかった事と、
それを教諭達が撒いたか生徒達が撒いたか、噂だけでマギーを近寄り難い人にしていたらしい。

寄宿舎のホールのステレオで一緒に聴いたレコードの話も出ました。
皆が手持ちのレコードを持ち寄って、休日を楽しんでいたんだけど、
中には他人の音楽の好みをあからさまに批判した生徒もいました。
それで藤は嫌な思いをいっぱいしていたんですって。
「マギーさんはあの時も優しかったですよ」
藤、お世辞でも有り難う!

楽車の市で

名古屋向け特急列車内です。
何処でも眠れるマギー。
少し前に目が覚めました。

昨日はマギーの後輩宅で檜と一泊していたの。
後輩とはMLで偶然再会。
オフ会で何度も一緒になりました。
剽軽で明るい男の子だった藤は、
そのまま立派なおじさんになっていました。
檜の事も気に入ってくれて良かった。
藤の仲良しの桂にも大変お世話になりました。

藤の住むのは、各町内が楽車(だんじり)で競り合う歴史有る祭りの市です。
資料館にも連れて行って貰い、楽車にも触れて来ました。
檜にも貴重な体験になったでしょう。
マギーには久しぶりの楽車のリズムでした。

お話はいっぱいあるけど、そろそろ名古屋なので。
カラフルBGM
ブログにアクセスする度
曲が変わるよ。
何が飛び出すか
お楽しみに!
エスケープで曲を
止める事もできるよ。

気に要っていただけたら
嬉しいです。
緑の館 妖精ポエム
あなたにも伝わるといいな。
マギーの気持ち。
あふれ出る心のビーズを
繋いでみました。

妖精の扉(マギーのプロフィール)

緑の館のマギー

Author:緑の館のマギー
名前
緑の館のマギー
年齢
妖精年齢300歳
誕生日
7月27日
性別

職業
夢配達人
趣味
映画、音楽、ショッピング、
ファッション、アウトドア、
ドライブ、旅行、語学、読書、
テレビ、インターネット、
ペット、占い、超自然現象&etc.
住んでいる所
アクアワールド
妖精の小道1218番地
緑の館
血液型
いつも悪口いわれるけど、
一番可愛い女性の血液型 B
身長
150cm
特技
何処でも眠れる、幸せ探し
好きな食べ物
カレーライス、お好み焼き、
チョコレート
最後に一言
心はいつも夢見る11歳、
現実は?
緑が好き、海が好き、
風が好き、人が好き。
嘘を重ねて生きることが
人生なら、
熱い涙の数だけ
優しくいたい。
好きな物は水色と
5月の早朝の草木の息遣い、
自分ではできないけど
マリンスポーツです。


プロフィール201801

クローバとてんとう虫

てんとう虫がうろちょろします

クローバ時計

decoboko.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

マギーとブロともになる

QRコード
QR