盲老人の明日

十日ほど日記を書きに来なかったのは、最後の自由時間を謳歌したかったから。
来月から、檜の後を次いで老人ホームに行きます。
と言っても月曜日だけだし、祝祭日はお休みだし、
こんなに偉そうに報告すべき事でもないよね。
仕事で行くより入所者としての方がお似合いかも。

先週の今日(2月20日)、檜の見習として初めてホームに同行しました。
今日はその二回目。
マギーが実際に施術に当たります。
その報告は後ほどにして。

九州の全盲の知人が最近、老人ホームに入所しました。
盲学校教諭が退官後に財産を提供して建てた盲老人ホームです。
八畳の独り部屋で、生活費は年金だけで充分とか。
食事も美味しく、外出も自由だそうです。
ネット環境も良と言うから、流石今時の施設ですね。
「独りになったらおいで」
冗談半分に彼女から誘われました。

マギーが仕事で行く所は有料で、マギー達の様な基礎年金では行けません。
マギー達でも入れる所は厳しい環境だと聞いています。
Skype仲間にはそんな施設職員もいるから。
この県の老人ホーム事情はどうなんでしょう?
いつまで檜と障害者だけで家庭生活が営めるのでしょう?
スポンサーサイト

檜の気持ち

【家のの暢気さにはわしの方がいらつく。
わしはあの晩、何度も目が覚めて、殆ど眠れんかった。
掃除機を引っ張り出して、家のの補聴器を探す夢まで見た。
実際に夢を再現してみる事にした。
そしたら家のが、
「あ、あった!」
「何処にあったんや?」
「枕の下に」
わしは力が抜けてしもた。
既に入ってるゴミに補聴器が混ざっては非衛生だから、
パックをわざわざ新しいのに取り替える所だったのに。】
檜だったら、こんな日記を書いていたかも。

「15万儲かったな」
「それで何買う?」
火曜日(2月14日)、何気なくすき家のメニューをネットで見てた時でした。
「すき家で15万食べる?」
どちらからともなく。
馬鹿らしさに小さく笑った二人でした。

今夜、先週できなかった食事会を、羊歯と三人でします。
遅蒔きバレンタインを二人に渡します。

傘の次は補聴器

実は、傘の次に補聴器も一時行方不明だったんです。
「あんたの事も書いとき」って檜が五月蠅いもんですから、ここに。

日曜日(2月12日)を、風邪でだらだら布団で過ごしてたって言いましたよね。
いつもならそんな時は、補聴器外して、聞こえがまだましな左耳に携帯当てて、
メールやサイト見て、そのうち寝落ちしてしまうんですけど。
あの日は檜も一緒で、iPhoneでラジオ聴いたりSkypeしたりで、
夜のホテルの為に16時くらいから仮眠するまで、補聴器着けたままでした。

さて、夜になって起き出す時、枕許の補聴器を着けようとしたんですけど、
右耳のが指からこぼれて何処かへ逃げました。
何処を探しても見つかりません。
最悪、ベッドの直ぐ下の屑籠に落ち込んだかも。
そうです。 ゴミを一つずつ取り出して、檜と2人でチェックです。
はい、空しい努力でした。

明くる月曜日は片耳補聴器だけで通しました。
自分自身の事なのに、他人事みたいにマギーは暢気だ、
と檜はマギーに腹立てて、Skypeの皆に話していました。
勿論、暢気だった訳がありません。
何せ、片耳15万ですから。
ただ、必要不可欠な物だから、それもやむを得ないとの考えと、
暫く待ってれば必ず補聴器は現れるとの考えとで、
マギーなりに自分を楽天的に落ち着かせていたんですけどね。

で、結果は?
それこそこんなに暢気にこれを書いているくらいだから、安心して下さい。
最後はがっかりさせる日記でした。
いえいえ、マギーの事だから、楽しい続きを後でお持ちします。

マギーの春の兆し

三寒四温ってこの季節に使われる言葉じゃなかったかしら?
今年はこの逆で、雪が舞い散る寒い日が長く続きますね。
それも、普段なら雪と殆ど無縁の所にどっと降ってるみたいですね。

その所為かどうか、マギーを風邪を引いてしまった様です。
先週の金曜日(2月10日)にバスと徒歩で出掛けた折、
それよりも数日前のもっと気温の低い日に出掛けた時より寒いと感じたからかな?
折角の陽射しを粉々に吹き飛ばす強く冷たい風。
久しぶりに間近で聞いた気がする、下手な口笛吹きみたいな電線の鳴る音。
やっとバスに乗れて、心地よい温かさの中で、かえってジンジン痺れる両手の指。
風を通さないダウンコートの中で、何故か頼りない悪寒。
だから、金曜日の夜の食事会も急遽キャンセル。
土・日はベッドでダラダラ過ごしていました。

風邪はもう大丈夫ですよ。
去年の秋にホテルに夜行く様になったのと同じで、
春にはマギーにまた一つ、新しいドアが開こうとしています。
そう、この年になって。
それが何かは、確実になったらお話しします。
兎に角、何かがマギーを動かしている様です。

睡蓮と貴婦人の傘

報告が随分遅くなってごめんなさい。
檜のお気に入り傘、8日に見つかりました。
居間のインターホンの壁に、殆どすぼめた状態で立て掛けてありました。
そんな事したおぼえがないと檜は言うけれど、じゃ、誰が?
緑川家に住まう幽霊さんの親切?

傘の話から、宮城のやはり全盲の睡蓮が、彼の体験談をメールで。
睡蓮の許可を貰ったので、ここに紹介しますね。
【散歩していたら、雨が降ってきました。
雨など予想も出来なかった空模様なので、傘なんかもちろんありません。
ぬれながら歩いていたら、目の前に、すうっと車が止まりました。
乗せてくれるつもりなのかなあと想っていたら、車から貴婦人が降りてきて、新しい傘をわたして、これをお使いくださいと言うんです。
軽く辞退してはみたんですけど、あなたをしってますからというので、そのまま借りてかえりました。
散歩の途中いつでも会えるんだと軽く想っていましたが、それからはその上品な女の人に会ってないので、その傘が未だに大事に保存されています。】

ああ、ここで “the end” とはさびしくない(笑)?

傘で困ってるのは井上陽水だけじゃない

久しぶりに緑川家の怪奇現象の話です。
檜お気に入りの折り畳み傘が、一昨日から見つからないんです。

雨の中を帰って来て、風呂場に広げて乾かしていて、
お風呂が沸いたので、玄関の狭い土間(実際は土じゃないけどね)に移し、
それから、檜もマギーもその傘に全く触れてないんですけど。
もっと正確に言うなら、檜がその傘を風呂場で干した事さえ、マギーは知らない。

昨日は早朝から、患者さんが来られたし。
その時はどうだったの?
その折に片付けたんじゃないの?
それを忘れてるとしたら?
ぼけるのはまだ早いぞ。
とは心の中でだけ。

Girllike but not girlish

「嘘の数で大人になるより涙の数で優しくなりたい
忘れないでしょう 夢見た頃の少女の気持ち「
野田幹子 Goodbye
Liverpool


マギーが大好きな歌の一つなの。
これを聴いて貰いながら、この話も変だけど、
そして自殺願望なんて全くない事を知った上で、
下の文章を読んでね。

死んだらどうなるかとか、自殺は罪だとか、
自殺者には苦しみ以外、死後の世界にはないとか、
色々言われるけど、本当は誰にも解らない。
死後の世界に苦しみがもう待ってないと解っていたら、
マギーも勇気出して自殺できるかしら?
犬や猫にも自殺願望はあるのかしら?
命短い虫達は、自分の虫生に幸せや不幸せを感じる事はあるのかしら?

言葉がこぼれて

1月26日の日記にも書いた、右耳補聴器が治って来ました。
その旨お店から連絡あったのは1月31日の朝。
柏木との耳鼻科デーは昨日の2月2日。
序でにお店まで足を延ばして貰えるか、欅の事業所にお伺いの電話。
2月2日は午後から福祉実践教室があるじゃん。
補聴器屋へは行けないと気付いたのは、電話してから直ぐ。
1月31日は蘭子と会う約束を、前からしていました。
やる事は昼食と喉自慢に備えてのカラオケでの練習だから、
お昼は補聴器屋のある町でして、やはりその町の店で香水も買いたいから付き合う。
と蘭子が言ってくれたので、また直ぐ欅の事業所に先ほどの依頼を取り消す電話。
無事1月31日にマギーは補聴器を、蘭子は香水を。
と、ここまでは旨く運んだつもりでいたんですが…。

昨日、補聴器屋まで行くから遠出の準備して来た、お昼も楽しみ、と柏木。
午後から福祉実践教室があるから、欅の事業所には断りの電話した、とマギー。
そう言えば、依頼した時も断った時も、マギー担当の梅沢が留守で、
事務員と思しき男性がマギーと話したんだっけ。
もう一度柏木と出掛ける16日に、買い物とお昼をお願いしました。
そして午後、福祉実践教室の為のお迎えに来た人から、
檜だけが必要で、今回はマギーは行かなくていいと聞かされました。
この話を持ち込んだコスモスからは、二人とも必要と檜は聞いていました。
檜が出掛けた後、コスモスにマギーが電話してみると、
檜かマギーか、どちらか1人に来て欲しい、と彼女は伝えたとの事。

誰が悪い訳でもありません。
言葉が何処かでこぼれ落ちただけです。

世は言葉に連れ、言葉は世に連れ

「七転び八起き」って、七回嫌な事があっても、八回嬉しい事があるって意味だ。
蘭子が言いました。
そうだっけ?
七回転んでも八回目には起き上がれる。
だから、諦めないでとか、努力は最後に必ず報われるって意味じゃなかった?
それでも、蘭子の解釈も面白いかも。

「情けは人の為鳴らず」だって、今は意味が変わって来てる。
他人に情を掛けると、いつかはそれが自分自身に返って来る。
だから、親切にしよう。
この解釈が最近では、情を掛けられた人の他面ならないから、他人に構うな。
こんな意味合いに代わって来てるみたい。

「世は言葉に連れ、言葉は世に連れ」、なんですね。
妖精の扉(マギーのプロフィール)

緑の館のマギー

Author:緑の館のマギー
名前
緑の館のマギー
年齢
妖精年齢300歳
誕生日
7月27日
性別

職業
夢配達人
趣味
映画、音楽、ショッピング、
ファッション、アウトドア、
ドライブ、旅行、語学、読書、
テレビ、インターネット、
ペット、占い、超自然現象&etc.
住んでいる所
アクアワールド
妖精の小道1218番地
緑の館
血液型
いつも悪口いわれるけど、
一番可愛い女性の血液型 B
身長
150cm
特技
何処でも眠れる、幸せ探し
好きな食べ物
カレーライス、お好み焼き、
チョコレート
最後に一言
心はいつも夢見る11歳、
現実は?
緑が好き、海が好き、
風が好き、人が好き。
嘘を重ねて生きることが
人生なら、
熱い涙の数だけ
優しくいたい。
好きな物は水色と
5月の早朝の草木の息遣い、
自分ではできないけど
マリンスポーツです。


プロフィール201801

クローバとてんとう虫

てんとう虫がうろちょろします

クローバ時計

decoboko.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

マギーとブロともになる

QRコード
QR